HOME  Profile  Discography  Live information  Favorite  Contact

昭和歌謡ライヴ 続編

2018225日(日)15:00

マイクMISUZU - vocal

ギター藤野 恒二 - guitar

「ミュージックハウス ダック」

阪急夙川駅前 グリーンタウン3F

 

昨年11月に引き続き、昭和歌謡ライヴ 続編!音符

CD小さなCDショップでのインストアライヴでしたが、狭いところにもかかわらず、最後まで聴いていただきまして、ありがとうございました!

前回お世話になったギタリストの藤野さんとデュオ。ご自身の生まれる前の曲がほとんどだったと思いますが、個性の光る自由な演奏で楽しませてくれました。

 

1960年代後半から1970年代の曲を予定していましたが、ご予約の段階ではやや若いお客さまがいらっしゃるようでしたので、ちょっと頑張って1980年、1981年の曲も歌いました。でも、やはりあまりご存じではなかったかしら・・・。私より少し年上の方が「全曲知ってたよ!」と仰って、ああ、やっぱりこのくらいの年齢がド真ん中なのですね的

藤野さんは、スピーカー内蔵のアンプやケーブル等々、機材を持参して、セッティングもしてくださって、お蔭で音響も随分良くなりました。ありがとうございます!何もかも丸投げしてすみません。。。ゴメン

一曲目のInstrumentalで、イパネマの娘を演奏された時、ブラジルからのお客さまがふと反応、、、この全くの偶然にも感謝です!

 

 

 


よみがえる青春 - 昭和歌謡ライヴ

よみがえる青春 昭和歌謡とともに♪

Kanreki Live 60年の感謝をこめて)

 

MISUZU - vocalマイク

多田 恵美子 - piano、藤野 恒二 - guitar、佐々木 研太 - electric bass、中嶋 俊夫 - drums

20171126日(日)Great Blue

 

ホッとしました。ひとつの節目を超えて…。

お忙しい中、お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました!ハート

今回は、いろいろ不安がありました。。。

5年ぶりのソロライヴというブランクはもちろんですが、

3月に背骨を「いつの間にか骨折」し、医師から「絶対転ばないように!」と強く注意を受け、7月ごろから右耳に違和感があり音が聞こえにくくなり、6キロ以上の激やせ。そんなこともありながら、10月から喉の炎症が治まらず、10月のライヴ中、突然声が出なくなって中断したこともあり、また今回、同じことにならないかと、これが一番怖かったです不安

それでも、どうにかなるものですね〜汗

お客さまが楽しそうにしていらっしゃるのが伝わってきて、私も楽しくなってしまいました。

ある程度、年代的に合いそうな方々に案内を出していたこともあるのですが、「懐かしい!」、「知っている曲ばかり!」と言っていただいて、一緒に口ずさんでいる人、今にも踊り出しそうな人もいらっしゃいました。

20曲とアンコール1曲。一番人気は、「バス・ストップ」のようでした。いい曲ですよね♪

ピンクレディーの「渚のシンドバッド」は、私より少し若い年齢の方々が踊りたくてウズウズしていたようです。おそらく小・中学生のころに、クラスで競って振り付けを覚えたのでしょう。

演奏してくださったミュージシャンの方々にも心から感謝いたします感謝

通常、歌謡曲はフルバンドで演奏されることが多いですが、この編成でオリジナルの雰囲気をだしてしまうクオリティーの高さ、素晴らしい!拍手このメンバーの方々なしで、このライヴはあり得ませんでした。

 

Birthday liveではなかったのですが、還暦のお祝いをたくさんいただき恐縮です。

お気遣いありがとうございました!嬉しい

(どうやら私の紫好きは結構知られているらしい

いろいろな人に感謝しっぱなしの一日感謝

また少しずつマイペースで歩いて行きますので、見守っていただければと思います。


C’est Romantique -Joy of spring-

2015329日(日)
Hotel La Suite Kobe Harborland
2F Lounge & Bar GRAND BLEU

Charge: 1,155yen
1st stage: 20:00-, 2nd stage: 21:00-, 3rd stage: 22:00-


マイクMISUZU -vocal-
ピアノ高岡 正人 -piano-
コントラバス荒玉 哲郎 -bass-

桜が一気に咲きました!さくらさくら
満開は来週末ぐらいと見られていましたよね。
計画変更!で、今日、お花見に出かけられた方もいらっしゃるかもしれません
さくら弁当

春らしく、淡いパープルの衣装を選びました。

今日はフランス語の歌が多かったかな…と思いましたが、
ちょうどフランス人のお客様がいらっしゃって、大変喜んでくださったようで、結果的には良かった
うさぎ
いいタイミングです!日によっては、一曲もない日もあるんですもの。


ベテランの高岡さん、荒玉さんには、もう身を任せるだけ。何があっても、ちゃんとサポートしてくれます♪
選曲を褒めていただいて、ちょっといい気分で歌わせていただきました顔

お越しくださった皆さま、ありがとうございました!

次回は、
531日(日)Naomi & MISUZUのデュオです。

皆さまのお越しをお待ちしておりま〜す!ハートハート


 

C’est Romantique - Glowing autumn -

20141130()
Hotel La Suite Kobe Harborland
2F Lounge & Bar GRAND BLEU
Charge: 1,155yen
1st stage: 20:00-, 2nd stage: 21:00-, 3rd stage: 22:00-


マイクMISUZU -vocal-
ピアノ佐伯 準一 -piano-
コントラバス光岡 尚紀 -bass-

午後からは雨でした雨
お足元の悪い中、お越しくださいましたお客さま、本当にありがとうございます!

この日は
2日前から背中を痛めていて、首が動かず、まるでロボットのような動作をしていましたロボット
鍼灸院で針を打ってもらい、どうにか本番までには不自然な動きにはならない程度には回復!
無事に終えることが出来てホッとしています
にこにこ

なかなか都合が合わなかった佐伯さんと、やっとご一緒させていただきました。
バラードが美しい!お得意のミッシェル・ルグランは、必ず歌わせていただいています
音符
光岡さんも、スケジュール帳は真っ黒です。抑えることが出来てラッキー。
彼は、カッコいいソロを弾きながら、時として笑いをとったり...音符 曲の合間の
MCにも協力的なんですよ
お二人とも本当に忙しそうで、午後にひと仕事終えて、ギリギリに入って来られました。

この日は、燃える秋・心の内に秘めた情熱をテーマに少し大人っぽい曲を!ハートと意気込んでいたのですが、、、
何だかこの衣装、ティーンエイジャー向けだったようで、デザインに色気がなくて、ちょっと残念
泣き



 

C’est Romantique - 魅惑のツインギター

2014831()
Hotel La Suite Kobe Harborland
2F Lounge & Bar GRAND BLEU

Charge: 1,155yen
1st stage: 20:00-, 2nd stage: 21:00-, 3rd stage: 22:00-


マイクMISUZU -vocal-
ギター ひろし -guitar-
ギター能勢 英史 -guitar-

ステージが始まった時、お客さまが僅か3人、、、汗
汗
ちょっと寂しい雰囲気でしたが、後半になるにつれ徐々に席が埋まって、最終ステージには満席となりましたにこにこ
お越しくださいましたお客さま、本当にありがとうございます!

いつもながら、畑さん、能勢さんのツインギターは渋い!
素敵でした♪お二人のテクニックは、ギター
2台とは思えない華やかさもあります
キラキラ


この日、第1ステージはマイクが機能せず、殆ど素の声の状態になってしまいましたガーンネコ汗
Volumemaxにしてみても変わりなく、もともとハリのある声質ではないので、スッピン声(?)では物足りない感じだっただろうな〜。
畑さんがチャンネルを変えてセットしなおしてくれまして、第
2ステージからは、いつもの感じになりました
にこにこ
こういう時にも頼りになる方です。

3ステージが始まる直前、今度は指輪にドレスの糸が絡んで、右手が挙げられなくなってしまいました
ビックリ
この糸は、ドレスについているラインストーンを裏で繋げているので、切るワケにはいきません。
切るとストーンが全て抜けて落ちてしまいます…。

マイクは左手で持っているので、さほど問題ないと思っていましたが、、、コレが意外と不便でした汗
ジャズの場合は、テンポを出したり、止めや繰り返し等の合図をしたり、手を挙げてサインを送ることが多いですよね。それができなくて―
アゴで合図したりして、、、何かエラそうな態度になってしまって…すみません
m(__)m




さて、次回、Grand Bleuの出演日は1130日(日)です。
皆さまのお越しをお待ちしておりま〜す!

 

C’est Romantique - 春愁 (Spring fever) -

2014330()
Hotel La Suite Kobe Harborland
2F Lounge & Bar GRAND BLEU

Charge: 1,155yen
1st stage: 20:00-, 2nd stage: 21:00-, 3rd stage: 22:00-


マイクMISUZU -vocal-
ピアノ多田 恵美子 -piano-
コントラバスThomas Posner -bass-

この日は、コーラルピンクのドレス。今、流行色のようですドレス
最近、ショウウィンドウを見ると、この色がよく目につきますね。


ベテランの多田さんのピアノはさすが、素晴らしかったです拍手
Vocalの仲間や先輩方からも、「多田さんの伴奏は歌いやすい!」と聞いていましたが、本当にそのとおり。情景が目に浮かんでくるような豊かな表現力で、物語の中に入っていくような感覚でした♪


そして、ベースのThomasは、関西のノリを持っている愉快なカナダ人。MC中にも、話にちゃんとオチがあって、ツッコミやボケにも対応可というお得な人材ですgood日本人でも関西ネイティヴ以外は出来ない人のほうが多いのに。

Thomasは、”Dream a Little Dream of Me”2コーラス目をフランス語で歌ったら、(リハではしていなかったのでちょっとビックリして喜んでくれました。お茶目なベーシストですkyu



のびのびと自由な感じで歌わせていただいて楽しいライヴとなりました♪
年度末のお忙しいときに、お越しくださったお客さま、ありがとうございました!

さて、次回は
629日(日)。Naomi & MISUZUのデュオですきらきらきらきら
皆さまのお越しをお待ちしておりま〜す!

 

C’est Romantique - ポニーテール -

20131229日(日)
ホテル ラ・スイート 神戸ハーバーランド
2F Lounge & Bar GRAND BLEU
Charge: 1,155yen
1st stage: 20:00-, 2nd stage: 21:00-, 3rd stage: 22:00

マイクMISUZU -vocal-
ピアノ高岡 正人 -piano-
コントラバス光岡 尚紀 -bass-

こんなタイトルを付けてしまいました汗
ミュージシャンがお二人とも、この髪型だったので…
私もポニーテールにしたら面白かったかな〜。60年代風に。

初共演の『殿下』こと高岡さんは、リハの時から譜面の細部までチェック、光岡さんもそれにきっちり合わされて、本番は安心のサポートでしたcat音符


実は私、結構大きなミスをしでかしたのですが汗お二人が素知らぬ顔で誤魔化してくださいまして…。誰一人気づかなかったと思います。誰でも失敗はしますけど、プロの方々は臨機応変に対応できるのが素晴らしい。場数を踏んでいらっしゃるのですね手



今年最後のライヴは好きな曲ばっかりで歌いおさめ音符
あー、一年早いな〜・・・

皆さま、今年もお世話になりました。
ライヴに足を運んでくださった方々には、いつも、感謝、感謝です
ハート
また来年も、自分自身のペースで頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

どうか良いお年をお迎えくださいね
SMILY
 

C’est Romantique - 忍びよる秋 -

2013929日(祝)
ホテル
ラ・スイート 神戸ハーバーランド
2F Lounge & Bar GRAND BLEU
Charge: 1,155yen
1st stage: 20:00-, 2nd stage: 21:00-, 3rd stage: 22:00


マイクMISUZU -vocal-
ギター ひろし -guitar-
コントラバス荒玉 哲郎 -bass-

困った…・・・
34日ほど前から、結膜下出血(結膜の血管が破れて出血)になり、白目の部分がべったりと赤くなってしまいました。クリニックに行って、先生に「ライヴなので、何とかなりませんか?!汗」と泣きついたのですが、、、吸収されて消えていくのを待つしかないそうです。

痛みもなく、何も問題はないけれど、見た目が何とも不気味で…
ガーンネコ
立ち位置は、ライトの当たらないところにしよう。(赤目補正も利かないし...)

ちょっと暗い画像ですみませんゴメン汗

畑さん、荒玉さんコンビは、しばしばご一緒されているらしく、息がぴったり。(この日も連続3日目の共演だそうです)
とてもいい雰囲気で私も歌いやすかったです
音符
ブルージーなslowの曲から始め、すべてJazz & Standardで、めずらしく(?)シャンソンやカンツォーネ無しの純粋Jazz Liveとなりました。

お越しくださいましたお客さま、ありがとうございましたハート

Naomi & MISUZU meets Ishikawa Trio

2013818日(日)Duo Live in Summer 2013

Naomi & MISUZU (vocal)
 石川 武司 (piano)
 井手 (bass)
 高野 正明 (drums)

大変でした…今回は、本当に参りました…
お盆は厳しい―、というのを実感しました。
そんな中、お越しくださった皆さま、本当にありがとうございますm(_ _)m



今回は、色違いの衣装
靴はお揃いです

とても楽しみにしていました。石川トリオとの共演。
とにかく演奏が華やかです。
ジャンルは何でもOK

石川さんのピアノは、どんな曲でもドラマチック&ゴージャスにしてくれます


そこに、井手さんのシブいベースが絡んで、


高野さんのドラムが一気に盛り上げてくます




Naomiさんも私も、いつも以上にそれぞれの個性が出ていた思います。


私はやっぱり、シャンソンか…
そして懐かしのイタリアン・ポップス、ジリオラ・チンクエッティの”雨”

少し年上のお兄さま、お姉さま方が反応してリズムをとっていらっしゃいました


この写真はおとなしいですが、
Naomiさん、久々にお得意のロックを熱唱していました。カッコ良かったです!
"Natural Woman"も素敵でしたね

今回の選曲は、「懐かしいあの曲」がテーマでしたので、年代がハマった方は大変喜んでくださっていたようです。

デュエットでは、クラシックも。
Mozartのトルコ行進曲、全編スキャットでコーラス

アンコールは、お待ちかねの「恋のバカンス」
以前から何人かの方にリクエストをいただいていたので、これはウケたみたい。

楽しんで、派手に歌わせていただきました!
こんなに色々なジャンルに対応してくれるのは、石川トリオならではですね。

石川さん、井手さん、高野さん、ナイスサポート、ありがとうございました!



C’est Romantique - Gorgeous & Sexy -

2013630日(日)

Hotel La Suite Kobe Harborland
2F Lounge & Bar GRAND BLEU
Charge: 1,155yen
1st stage: 20:00-, 2nd stage: 21:00-, 3rd stage: 22:00-

Naomi & MISUZU -vocal-
安土 直子 -piano-
川田 智博 -bass-

お馴染みのメンバーでのデュオライヴ
お越しいただきましお客さま、ありがとうございました!

この日は毎年恒例のスクールライヴ、「アンリ菅野メモリアル」と重なってしまい、当然仲間はそちらに出演、もしくは応援に行って、またもや苦戦
何故かデュオライヴは、ここ何回か、このようなスクール関連のイヴェントとバッティングするめぐり合わせになっているようです(クスン...)




蒸し暑くなってきたので、涼しげなブルー系の衣装に揃えました。
選曲も、Over the Rainbow, Blue Skiesなど、さわやかな空模様をイメージして

何がセクシーかって、、、
この写真ではわかりにくいですが、Naomiさんのドレスのデザインが、かなり際どいのです
本人の許可があれば、そんな画像もアップするかも…

次回のデュオライヴは、818日(日)元町の萬屋宗兵衛で。
石川トリオと初共演です!

是非お越しくださいませ!


| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM